ご利用案内

緊急時の対処方法

対人・対物事故の場合

万が一トラブルに遭遇した場合には、落ち着いて以下のように対応してください。
  1. 万が一、負傷者がいる場合は救護をし、車を安全な場所に移動させる。
  2. 緊急電話番号へ通報し、警察、救急車、消防車を呼ぶ。警察からは事故/盗難証明書(ポリスレポート)を取り寄せる為の請求書番号を貰う。
  3. 相手の確認(名前、連絡先、運転免許証番号、車のナンバー、各保険会社)の情報を交換する。
  4. 直ちにレンタカー契約営業所へ連絡する。
  5. レンタル契約書ホルダーに印刷されている破損/インシデントレポートに事故 報告を記載の上、営業所に提出する。 その際、該当する保険の申請用紙をもらう。

以上の事項を怠った場合、または契約事項や交通規範に違反して事故を起こした場合などは、保険の適用を受けることが出来ません。事故現場にて相手側と示談された場合にも保険補償制度が適用頂けませんので、ご注意ください。保険の手続きに関しては、契約者とバジェットレンタカーの 契約している保険会社との間で直接行っていただきますが、不明な点や質問がある場合はお気軽にお問合せください。 なお、手続きに関する書類については原則的には全て英語(もしくはそのご利用場所の言語)になります。

車内の荷物が盗難に遭った場合(PAEに加入されている方)

  1. 緊急電話番号へ通報し、警察を呼ぶ。警察からは盗難証明書(ポリスレポート)を取り寄せるための請求書番号をもらう。
  2. 直ちにレンタカー契約営業所へ連絡をする。
  3. バジェットレンタカー契約営業所で携行品保険の申請用紙をもらう。
  4. 携行品保険の申請用紙に必要事項を記入の上、保険会社へ送付する(郵送、FAX可)。

事故でけがを負った場合(PAE/PAIに加入されている方)

  1. 病院で怪我の治療費をお支払いいただき、領収書、診断書等を受け取る。
  2. バジェットレンタカー契約営業所で搭乗者傷害保険の申請用紙をもらう。
  3. 搭乗者傷害保険の申請用紙に必要事項を記入の上、病院で受け取った書類すべてのコピーを保険会社へ送付する(郵送、FAX可)。

レンタカー契約期間中に病気にかかった場合(ESPに加入されている方)

  1. 病院で病気の治療費をお支払いいただき、領収書、診断書等を受け取る。
  2. バジェットレンタカー契約営業所で緊急医療保険の申請用紙をもらう。
  3. 緊急医療保険の申請用紙に必要事項を記入の上、病院で受け取った書類すべてのコピーを保険会社へ送付する(郵送、FAX可)。

交通違反をされた場合

違反切符を渡された場合や車に駐車違反の切符がはさまれていた場合は、切符に記載している住所に、お客様ご自身で、マネーオーダーやチェック等で反則金をご送付頂きます。 レンタカー返却後、もしくは、帰国後に違反が判明する場合もありますので予めご了承ください。 交通局等からの連絡により、バジェットレンタカーが代理で支払いを起こし、手数料を加えた料金をお客様のクレジットカード(契約時に提出されたもの)から引き落とさせて頂く場合もありますので、ご留意ください。

このようなトラブルで救援が必要な場合

鍵のとじ込み・紛失・破損、タイヤのパンク・スペアタイヤの交換、ライトの消し忘れなどによるバッテリー上がり(チャージサービス)、ガス欠などのトラブルや救援が必要な場合は直ちに契約営業所に連絡をしてください。また、オプションのロードサイド・セイフティーネット(RSN)に加入されている方は 契約時にご案内する専用連絡先へご連絡ください。

車内に忘れ物をされた場合

忘れ物に関しては、お届けのあった時点から、バジェットレンタカーは捜索に最善の努力を致しますが、 紛失物の補償、損害に関しましては免責となります。また、忘れ物の受け渡しには、現地営業所からの送料がかかります。
このページの先頭へ